Google、モバイルファーストインデックスを発表!その内容とSEO対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%e3%80%90%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%80%91shutterstock_293731781

Google、モバイルファーストインデックス(MFI:Mobile First Indexing)を発表

2016年11月4日(金)にGoogleが、「モバイルファーストインデックス(MFI:Mobile First Indexing)」を公式発表しました。

https://webmaster-ja.googleblog.com/2016/11/mobile-first-indexing.html

SEO上の大きな変更となりますため、この記事で内容を理解いただき、必要に応じて対策をしてください。

モバイルファーストインデックスとは?

Google検索で予定されている仕様変更です。

現在は、デスクトップ/PC(以下デスクトップ)向けページの評価をもとにして検索結果が決定されますが、「モバイルファーストインデックス」では、PC向けページではなく、モバイル/スマホ(以下モバイル)向けページの評価に基づいて検索結果が決定されます。

米ラスベガスで2016年10月に開催されたPubCon Las Vegas 2016において、Gary Illyes(ゲイリー・イリェーシュ)氏が先行して計画を発表し、2016年11月4日にGoogleから公式に発表されました。

mfi_01

これまで(現状):

デスクトップ向けページの評価を検索結果のランキングに使用。

モバイルからの検索も、デスクトップ向けページの評価を基準にしてできあがった検索結果が提示されていました。

これから(モバイルファーストインデックス導入後):

モバイル向けページの評価を検索結果のランキングに使用。

デスクトップからの検索も、モバイル向けページの評価を基準にしてできあがった検索結果が提示されます。

つまり、逆転します。

モバイル向けページが評価のメインとなり、デスクトップ向けページがサブになります。

モバイルファーストインデックスの実装時期

正式な実施時期は未決定で、今後数ヵ月にわたり小規模な実験を行った上での判断になります。

モバイルファーストインデックスに至った背景

すでに全世界で、モバイルからの検索数がデスクトップからの検索を上回っています。

2015年5月15日に、Googleが以下のとおり公式に発言しています。

アメリカや日本を含む10か国においては、モバイルデバイスからのGoogle検索が、コンピュータからの検索より多く行われています。

In fact, more Google searches take place on mobile devices than on computers in 10 countries including the US and Japan.

https://adwords.googleblog.com/2015/05/building-for-next-moment.html

Googleがモバイルファーストインデックスへ切り替えた理由は、検索のニーズがデスクトップからモバイルに移ったために、そのニーズに合わせて検索結果をモバイル主体のものに変更するのだと思われます。

モバイルファーストインデックスの順位への影響

「変更によってどのくらいの順位変動が予想されるか?」という質問に対し、Googleは「なるべく大きな差が出ないようにすることを目指している。実験の今の段階では違いは出ないはず。」と回答しています。

ただし、サイトのモバイル対応状況によっては影響が出ると考えられます。

モバイルファーストインデックスの実装に向けて対応が必要なサイト

現状の公表内容では、大多数のサイトでは特別な対応は今のところ不要です。

対応が必要なのは次の2つのようなサイトになるでしょう。

モバイル向けサイトを作っていないサイト

現状のモバイルフレンドリーと同程度の影響が考えられます。

つまり、現状デスクトップと比べてモバイルの順位が低い場合は、デスクトップでも現状のモバイル向けサイトの順位に落ちてしまう程度の影響が考えられるため、モバイル対応を検討しましょう。

mfi_02

モバイル向けページでコンテンツを極端に省略しているサイト

モバイル向けコンテンツがないページのコンテンツに関連するキーワードでの順位が下がる可能性があります。

デスクトップ向けサイトと同様のコンテンツを提供できるようにしましょう。

mfi_03

ただし、モバイル向けサイト(ページ)がない場合でも、デスクトップ向けページをうまく評価・表示させる(現状と同じ)ため、検索結果から消えるということはなさそうです。

モバイル向けサイトをきちんと提供していて、モバイルユーザとデスクトップユーザに基本的に同等のコンテンツを提供しているのであれば、現状維持でまったく問題ありません。

モバイルファーストインデックスに関するそのほかの疑問点について

モバイルでのユーザビリティを考えての、サイドバーなどの排除や、アコーディオンで隠されたコンテンツは評価されます。

「デスクトップページの場合は、アコーディオンの中のような(初期状態で隠れている)コンテンツは重要度が下がったりインデックスされなかったりする。モバイルでも同じか?」という質問に対しGoogleは、「いいえ。モバイルファーストの世界では、UXのために隠しているコンテンツは完全に評価される。」と回答しています。

”canonical””alternate”などのタグは、現状のままで問題ありません。

「(別URL構成の場合の)rel=”canonical”とrel=”alternate”を入れ替える必要はないのか?」という質問に対しGoogleは、「必要ない。もし入れ替えさせるとしたら何十年もかかるだろうから、賢く処理しようと思う。」、「AMP(Accelerated Mobile Pages)ページに設置するrel=”canonical”も、デスクトップ向けページに向けたままでいいのか?」に対しては、「そのままで大丈夫。」と回答しています。

外部リンクの評価に関しては、まだ公言されていません。

「リンクに関しては?」という質問に対しては、「リンクについては、まだ確実なことは言いたくない。まさに進行中なので、何かを言うには早すぎる。」と回答しています。

デスクトップ向けサイトのページ価値は低くなる予定です。

「デスクトップ向けページはまったくランキング要因ではなくなるのか?」という質問に対しては、「確かなことを言うには早すぎる。が、モバイルファーストの世界ではデスクトップ向けサイトのページ価値はずっと低くなる。どのくらい低くなるかは言えない。」と回答しています。

ページスピードをランキング要素に入れるかは検討中です。

「ページの表示速度がさらに重要なランキング要因になるか?」という質問に対しては、「表示速度に関しては、どうするのがいいかまだ検討している最中。なかなか難しい問題。」と回答しています。

「モバイルファーストインデックス」は、主に「コンテンツの内容の判断」がデスクトップからモバイルに変わる、という変更なので、デスクトップとモバイルで「ページの内容に関わる情報が違う」場合は、やはりサイト側での対応が必要になります。

ただ、アコーディオンの使用など、デスクトップより画面の小さいモバイルでのユーザビリティを考えた故の仕様であれば問題ないようです。

また、アノテーションなどの「ページ間の関係性」についても、現状のデスクトップ向けサイトでの実装がなされていれば、モバイルファーストインデックス移行後もその処理は変更の必要がなさそうです。

終わりに

Googleはここ数年、「モバイルフレンドリー」からはじまり、「AMP」の導入や、モバイルサイトでのインタースティシャル広告の評価を下げる(2017年1月予定)、そしてこの「モバイルファーストインデックス」と、モバイルへの仕様変更・追加に力を入れています。

Googleの仕様・アルゴリズムに対応することは、インターネットユーザに使いやすいサイトを提供することにつながり、自社サイトへのアクセス数や問い合わせ数を増やすことにつながります。

まだまだ詳細が不明な部分も多いですが、モバイル向けサイト主体になるのは間違いありませんので、今回のアップデートをきっかけに、今一度、皆さんのモバイル向けサイト環境を見直してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WEBマーケティングの成果を上げたい方へ

ウェブ部の運営団体である「株式会社メディックス」は、WEBマーケティングに関するコンサルティング及び代理店サービスを提供しております。
メディックスは成果を上げるために、以下の点にこだわります。

  • ・徹底的な顧客理解
  • ・ユーザー視点でのプランニング
  • ・マーケティングパートナーとしてのビジネススタンス

ウェブ部の内容に少しでも興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。


ご相談・お問い合わせはこちらから